読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考停止するな

ネットワークとかアプリケーションとかWebとか

私が他大学の大学院に進学した理由

スポンサーリンク

私は在学していた大学と異なる大学の大学院に進学しました。
今日は、私が他大学の大学院に進学した理由について書いてみようと思います。

他大学の大学院に進学した主な理由は以下の通りです。

1.研究したい内容の研究業績が進んでいた

大学院は研究をするところです。
そのため、在学中どうしたらよりよい研究業績を残せそうかと考えたところ、
自分がやりたい研究(大学院で研究する内容)について進んでいるところにいけば、
よりいい研究業績が残せるのではないかと思ったためです。
一から研究することも可能だとは思いますが、大学院博士前期課程は2年間しかないため、
できるだけ時間を有効に使いたいと考えていました。

2.より高い学歴が欲しかった

大学院の入試は学部よりも入りやすいです。
そのため、在学している大学の大学院へ行くことも可能だったのですが、
せっかく大学院に行くならより高い学歴の大学院へ行こうと思ったためです。

3.学費を安くしたかった

私は私立大学に在学していました。そのため、学費が高かったです(特に理系は高いです)。
国公立大学ならば私立大学よりも学費が安いためできるだけ学費を安く抑えるため他大学の国公立大学を受験しようと思いました。

4.多くの人間関係を構築したかった

在学していた大学の大学院生は人数がそんなに多くありませんでした。
大学院の学生の人数が多いところにいけば、多くの人と関われる機会があると考えたためです。

他大学の大学院に進学した理由は以上です。
ただ、私は在学していた大学の研究室は嫌いではありませんでした。
というよりすごくいい研究室生活を送ったと思います。
また、他大学の大学院への進学の際もたくさんご協力していただきました。
そして、前の大学の研究室の先生や後輩学生とは学校は違っていても今も交流したりしていますし、気にかけてもらっています。
他大学の大学院に来て、改めて私は幸せ者だと思いました。