読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考停止するな

ネットワークとかアプリケーションとかWebとか

IT業界における男女の差についての超個人的な考え

スポンサーリンク

IT業界における男女の差についての超個人的な考えについてちょっと書いてみようと思います。

IT業界において男女の差があるかないかでいえば私はあると思います。
(差別とは違う)
差があると書いてしまうと、女性が不当な扱いを受けるような感じがしますが、
女性だからいじめられるとか差別を受けるとかそういうのではなく、
男性より女性の方が優遇されることが多いというような差があるように感じます。
(特にソースがあるわけではなく私個人の感覚です。)

どのように差があるかというと、IT業界は全体的に女性が少ない職場が多いので、
男性に比べ女性は貴重な存在なので大切にされることが多いように思います。
大体どこも女性の比率は10%〜20%くらいじゃないでしょうか。

採用する時も、どこの会社も女性が少ないので女性を増やしたいと思って採用活動をしているように思います。
(だからといって絶対採用するわけではない。能力や見込みがある方をとるのが第一。)

また、仕事においても男性よりもハードルが低く設定される事が多いので、男性がやるよりも高い評価くなる事が多いように思います。
失敗した時などに怒られる時も女性の方が優しく言われる事が多いと思います。
(だからと言って怒らないわけではない。)

進捗の状況確認なども女性に対しては、ちょこちょこ上の人の方から見に行く事がありますが、
男性は女性ほどかまってもらえないです。

徹夜して作業する事になった時なども女性は終電ギリギリで帰らせてもらえたりする事があるように感じます。

今日は超個人的な考えを書いてみましたが、男はやはり女性の前ではカッコつけたがりがなので、そもそも仕方ないのかなあと思います。
また、IT業界は激務が多いので、そもそも会社以外で女性とのつながりが作りにくい環境にあるのも問題の一つなように思います。

なんか思いの丈を書いてきましたが、結局言いたい事はIT業界って女性が少なすぎるからもっと増えてほしいなってことです。