読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考停止するな

ネットワークとかアプリケーションとかWebとか

最近昔の仲間や友人に会うのが怖い

スポンサーリンク

今日はちょっと自分自身についてのことを書いてみようかと思います。

最近私は昔の仲間や友人に会うのが怖く(会いたいんだけど会えない気持ちになってしまう)、集まろうみたいな話になった時いつも何か無理やり理由をつけて断ったり、LINEのグループトークを未読のまま放置するといったことをしてしまいます。
(実際に会ってみると楽しく過ごしているのですが。)
全ての仲間や友人に対してそのようなことをしてしまうわけではなく、一部に対してだけです。
そうのようにしない仲間や友人もいて、その人たちには割と自分から連絡を取ったりできます。

正直どうして自分でもこのようなことをしてしまうのか理由ははっきりわかりませんが、自分でどうしてこういうことをしてしまうのか考えてみました。

考えた結果、一つ思うことがあって、私はなんとなくこの仲間や友人たちに後ろめたさや嫌な思い出を持っています。
嫌な思い出は、いじめられたとか人間関係が悪かったとか他人からの悪い思い出ではなく、自分の行動や失敗、悪いことをしたなという想いが心に強く残っています。

仲間や友人たちは何も気にしていない(はず)とは思うのですが、分の行動や失敗、悪いことをしたなという想いから自分が自分を許せていないような気がします。

恐いのならば、その仲間や友人との関係を切ればいいじゃないかと思うかもしれませんが、切ろうとする(連絡先を消すなど)と今度は寂しくなってしまいます。
きっと自分の深層心理的には、この仲間や友人達と会いたいのだと思います。
会いたいけどなんか会えない。そういう思いを持ってしまいます。

社会人になると、昔の仲間や友人に会える機会は一気に少なくなると思います。
会いたくても忙しく都合がつかず会えないこともあるかと思います。
なので、できる限り会えるときに会いたいと思います。

さて、ツラツラと書いてみましたが、特にこのことに対する根本的な解決策は自分では見つけられていません。
今のところ、一歩勇気を出してみる。それしか対応策がありません。

今回はちょっと自分に関することを書いてみました。
歳をとったのかなぁ。。。