読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考停止するな

ネットワークとかアプリケーションとかWebとか

Access VBAでウォッチ式を使う方法

スポンサーリンク

Access VBAでウォッチ式を使う方法についてです。

まず、ウォッチ式ってなんだよって感じですけど、デバッグで確認したい値を事前に登録して、デバッグの際に値を確認する方法の1つです。
ウインドウに一覧形式で見たい値だけが表示されるので見やすいです。


表示させる方法
表示→ウォッチ ウインドウを選択します。
f:id:shimonss:20160612005525p:plain

すると、下の方に次のようなウインドウが追加されます。
f:id:shimonss:20160612005646p:plain

ウォッチ式で確認する値を設定するには、右クリック→ウォッチ式の追加を選択して、見たい変数や式を事前に登録しておきます。

ウォッチ式で登録した式や変数は次のように表示されます。
f:id:shimonss:20160612005956p:plain


ちなみにウォッチ式からはずしたい場合は、
ウォッチ ウインドウの表示する必要がなくなった変数などの上で、右クリック→ウォッチ式の削除で削除ができます。
f:id:shimonss:20160612011821p:plain