読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考停止するな

ネットワークとかアプリケーションとかWebとか

大学院生活を終えた今思うこと

スポンサーリンク

私情ではございますが、つい先日私は大学院博士前期課程を修了いたしました。

大学から他大学の大学院を受験し、入学してきたわけですが、わりと普通に修了できました(単位や修了要件の面では)。

2年間という短い期間は私にとってアッという間でした。

1年目、大学院に慣れること、レポート、TA、バイトでいっぱいいっぱいでした。学会発表にも行きました。
研究はやっていた方だと思いますが、修士研究は思ったよりも進んでいませんでした。

2年目、就職活動をしながら研究に本腰を入れました。2度目の学会発表もしました。


さて、振り返ってみると思ったよりも時間がなくて、入学前の思い描いていたものと違う結果になったなあと思います。

大学院生活を振り返って、良かった点と反省すべき点に分けて書き出してみようと思います。

良かった点

  • 大学院の同期と仲良くなれた
  • いろいろな人と人脈ができた
  • 無事修了できた
  • 技術力がついた
  • 実務経験を積めた
  • 学会発表に行けた

反省すべき点

  • 学会発表の回数が少なかった
  • 思っていたよりも研究成果があげられなかった
  • 大学院を修了することを目標にしてしまっていた

振り返ってみるとこんな感じです。
総合的に見て、大学院に来て良かったと思います。楽しかったです。
たくさんの人と仲良くなれ、人脈もできて、技術力も上がりました。

しかし、研究に関してはもっとやれたのでは?という感じはありました。
研究に関する部分が思ったよりできなかったなあと思いました。

無意識によりよい研究成果を上げることより、確実に修了することを選んでいたのかなあと思います。
この反省は次のステージに活かしていきます。